マツダ・ドライビング・アカデミーの1日を追っていきましょう。
以下は開催例です。会場によって実施する内容や順番等を変更する場合がありますのでご了承ください
受付・オリエンテーション
会場に到着したら、まずは受付を済ませ、車の準備を始めます。車室内やトランクに荷物があると、走行の際に荷物が動いて操作の邪魔になったり、内装を傷付ける恐れがあります。余計な荷物は降ろしましょう。
そして、受付で配られたゼッケンを車に貼れば準備完了です。
オリエンテーション
オリエンテーションでは、本日のインストラクターの紹介や、受講にあたっての注意点、一日の流れについての説明を行ないます。
分からないことや不安なことがありましたら、お気軽にインストラクターやスタッフにご相談ください。
ウォーミングアップ
運転を学ぶ機会は自動車教習所以来、慣れない会場に来て、これから始まるレッスンにドキドキされてる方も少なくないでしょう。
まずは緊張をほぐすために、インストラクターが乗る先導車に続いてコースを軽く周回しますので、愛車やご自身のコンディションに問題が無いか確認してください。
急ブレーキ・急ハンドル体験
街中では出会いたくないフルブレーキの機会ですが、いざという時にきちんとブレーキを使うためには、一度でも体験しておくかどうかで結果が大きく変わるかもしれません。
「ただ強く踏み込む」だけなのですが、ご自身が想像したよりも、きちんと踏みきれない方が意外と多いです。
お昼休み
たっぷり1日のレッスンですので、体力や集中力を切らさないためにも適切な休憩時間が必要です。
快適にお休みいただけるよう、専用ルームで美味しい食事をご用意。他の参加者やインストラクターとの会話も楽しみながら、充実したお昼休みを過ごしてください。
感染予防のため、当面はお弁当を配布し、お互いに離れて食事を取っていただく形に変更しています。予めご了承ください。
ドライビングポジション確認
ある程度レッスンに慣れてきた段階で、改めてマツダの考える理想のドライビングポジションに合わせていただきます。
無駄な力が抜けたリラックスしたポジションに合わせることで、素早く正確に操作ができ、疲れにくい、ドライバーにとって最もいい状態を作り、この後のレッスンに臨みましょう。
パイロンスラローム・定常旋回
日常では体験できないコースを走り、クルマの挙動を感じ取り、制御する運転操作を学びます。
人馬一体の考え方に沿ったマツダ独自の運転スキル向上支援システム「i-DM」を活用し、ご自身の運転操作状況を正しく把握しましょう。
ダイナミクス(走る・曲がる・止まる)
これまでのカリキュラムで学んだことを活かして、様々なカーブを織り交ぜたコースを走行していただきます。
愛馬と心を通わせるように、愛車と走る歓びを分かち合う「人馬一体」走りを味わいましょう。
途中、プロドライバーによる同乗走行もありますので、ご自身とのドライビングの違いも体感してください。
修了式
インストラクターから総評をお伝えし、皆様に修了証をお渡しして、本日のカリキュラムは終了となります。
今日の講習を忘れずに、これからも愛車とともに楽しく安心・安全なカーライフをお楽しみください。